安全への取組みについて

HOME > 安全への取組みについて

当社においての基本的な考え方としまして、安全な職場からしか安全な商品は制作出来ないという基本思想から当社の安全に対する取り組みとして経営計画書に次のような文言が明記されています。

安全第一 品質第二 納期第三

お客様の安全を守るには、当社の職場環境が安全であり、社員の安全意識も高くないと守れないという考えから、当社ではあくまでも安全を第一として考えており、この順番がとても重要であり基本的行動指針です。
もちろん品質や納期も大事ですが、安全第一を常に意識していないと結果的に品質にも影響します。安全な商品は結果品質も良くなり同列とも考えています。納期だけを意識しすぎると無理な作業になり、結局事故や、品質の低下につながります。

この取り組みといたしまして弊社は次のことを実践しております。

安全マニュアルと安全委員会の役割

当社では毎月17日を防災の日としております。17日には、各部署代表の安全委員が工場や事務所を隅々まで巡回して不安全な場所や作業そして整理整頓に関する問題点を提起します。それを基に1週間後に安全委員会を開催し問題点の対策検討をします。安全委員会で改善担当者と期限を決め即に対処しています。

安全講習会や研修会への参加と各種資格の取得も積極的に行っています。
そして、毎週週初めには重点清掃日として工場周辺をはじめ普段目の届かない場所の清掃を行い、月初めには設備愛護日として担当設備や自動車の点検、記録、清掃等を実施しています。

安全・品質に関する標語の作成

当社では毎年開催される「全国安全週間(7/1〜7/7)・安全準備月間(6/1〜6/30)と全国品質月間(11/1〜11/30)」に合わせ安全・品質に関する標語を全社員から提出してもらっております。これは社長も役員も全員です。全員の標語から優秀なものを「金賞」「銀賞」「銅賞」として工場入口に掲示しています。

平成30年 安全年間標語入選作

金賞
守り続けるルールと命 目配り気配り育む心 育つ職場で安全作業
銀賞
起こした後ではもう遅い 未然に防ぐ安全対策
銅賞
“きれい”な職場は安全職場 “きれい”を維持して安心職場
銅賞
注意する人、される人 みんなで実行 ゼロ災害
銅賞
基本を忘れず再確認 安全配慮も忘れずに 基本に戻ってもう一度
銅賞
早くやるより 確実に 変わらぬ基本で 安全に

平成30年 品質年間標語入選作

金賞
記憶に頼るな 記録を確認 それが作業の基本です
銀賞
なくそう不安 やめよう曖昧 向き合う覚悟が品質に
銀賞
ちょっと待て 違和感あれば再検査 直感信じてクレーム防止
銅賞
まかせて安心 使って安全 信頼品質佐野車輌
銅賞
クレームは品質アップの大チャンス ひとつのミスから多くを学び 大きく伸ばそう佐野品質

当社では、安全週間を安全年間としてとらえ翌年の安全週間までの1年間掲示しています。
そして品質月間はを品質年間として翌年の品質月間までの1年間掲示しています。
弊社に来て頂きましたお客様からも安全と品質に対する意識が非常に高いと好評です。

  • モノづくりのこだわり
  • 安全への取組みについて
  • カタログ ダウンロード